みんなで新北海道スタイル

新北海道スタイル取組事例

北海道警備業協会

安全安心な警備業務講習のために

Point1
講習参加には「問診票」の提出が必須
Point2
講師はフェイスシールド等を装着
Point3
北海道コロナ通知システムの導入
協会で作成した講習時提出用の問診票

協会で作成した講習時提出用の問診票

まず貴協会の取組について教えてください。

主に警備員や警備員指導教育責任者に対し、協会独自の講習のほか、北海道公安委員会、一般社団法人警備員特別講習事業センターから受託した講習や検定を行っています。

講習を実施する際に、具体的な感染拡大防止の対策をされていますね。

各講習はコロナ対策のため、新北海道スタイルに則り受講者を通常の約半数にするなど、密を避けるよう手立てを講じております。その上で、安心して受講できる環境づくりのため、次の対策をとっています。講師には必ず①フェイスシールド②ビニール手袋を着用させ、講義前後に消毒を行うようにしています。受講者には必ず事前に「問診票」(2週間前からの体温の記録が必須)の提出を求め、当日は入室時に「北海道コロナ通知システム」の登録、検温、手指の消毒をお願いしています。また、座席については、厚労省のガイドラインを参考に、講師席の前面・各座席横に透明な仕切り板(140cm)を設け、飛沫感染を防止しています。さらに、講習後には、受講者が着用していたゼッケンを消毒し、ウイルスの除菌に努めています。

最後に、今後の取組について教えてください。

基本的には、開催する各種講習会では常に上記の取組を継続し、安全安心をアピールしつつ、コロナ情勢に変化があれば、都度感染防止の取組を増やしていくことを想定しています。また、年4回発行している機関誌「北斗星」には、「新北海道スタイル推進協議会」への入会や、「北海道コロナ通知システム」の活用を含めたコロナ感染防止関係の記事を掲載したいと考えています。

名称:一般社団法人 北海道警備業協会
所在地:札幌市
業種:自動車小売業
活動内容:各種警備業務講習、警備業務の適正化に関する指導並びに調査、警備業に関する相談及び苦情の処理等
H P : https://www.hssa.or.jp/
TEL : 011-242-8800