みんなで新北海道スタイル

新北海道スタイル取組事例

北海道スバル

社員・家族、お客さまの安全を最優先に、事務所、ショールームごとに対策を実施

Point1
研修、会議ともオンラインに切り替え
Point2
ソーシャルディスタンシングを徹底
Point3
展示車・試乗車なども消毒・除菌を実施
感染拡大防止対策についての告知

感染拡大防止対策についての告知

感染拡大防止に関する貴社の方針、自動車ディーラーならではの課題は?

自動車購入のご契約の方、車検・整備でお越しになるお客さまに加えて、購入のご検討で他店も含めて巡回されている方など、不特定多数の方が来店されるため、新型コロナウイルスを持ち込ませないための対策に努めています。社員とその家族、お客さまの安全を最優先に感染回避を図るというのが当社の方針です。

社員の方の行動、環境整備など、社内ではどのような取り組みを?

社員は出社前に体調確認と検温を各自実施し、倦怠感や発熱などの症状がある場合は自宅待機とします。その後の、病院の受診などの流れについては社内でフローを作成しており、迅速・的確に対応できるようにしています。また、当然ですが就業中はマスクを着用するとともにこまめな手洗い・手指消毒を実施しています。研修は集合型研修からWebを使った研修に切り替えるとともに、会議もオンラインで行うようにしています。さらに、本社事務部門ではデスクにパーテーションを設置しております。

来店客のあるショールームにおける対策をお聞かせください。

ショールームの入口で、サーモグラフィカメラによる体温測定を行い、手指消毒をお願いしています。検温で異常な数値が出た場合は非接触型の体温計で再度検温を行い、その結果37.5度以上あった場合は入場をお断りしております。ショールーム内においては、商談テーブルの間隔を空けることでソーシャルディスタンシングを確保するとともに、必要に応じてパーテーションを設置。また、お客さまの手が触れる部分については定期的に消毒を行い、換気も定期的に実施しています。

そのほかには、どのようなことを行っていますか?

お客さまに安心してお車に触れていただけるよう、展示車・新車ともに消毒を実施。代車も同じように消毒を行っています。また、新北海道スタイルを基本とした取り組みについてショールーム入口などで告知することで、お客さまおよび社員への意識づけを行っております。

名称:北海道スバル株式会社
本社:札幌市
業種:自動車小売業
概要:昭和44年設立。SUBARUの北海道エリア正規ディーラーとして半世紀以上の歴史を持つ。札幌を中心に新車19店舗、中古車6店舗を運営している。
H P : https://www.hokkaido-subaru.com
TEL : 011-668-2112