THEME北海道の自治体・事業者が
抱えている地域課題
SOLUTION北海道の課題解決に貢献できる
スタートアップ企業のソリューション

2022.08.10

農産物直売所特化セルフレジの開発実証

ニセコ町 公式サイト

背景・具体的な課題内容

ニセコ町の農産物直売所では、繁忙期にレジの混雑が深刻で、満足度の低下や機会損失を危惧しています。また、人材不足も懸念されるところです。
一方で、農家による直売所として、スーパーとは違う顔の見える、生産者と消費者が近い距離感を感じられる点は農産物直売所の良さでもあります。この点は、地方部の多くの農産物直売所の共通事項かと思います。
そこで、デジタル技術により生産者消費者双方にとって効率化・省力化を図りつつ、既存の直売所としての良さを失わない、農産物直売所に特化したセルフレジPOSシステムについて、検討・実証していただければと思います。
また、具体化が図れれば、アフターコロナにおける一つのスタイルになるかと思っています。

あるべき姿、目指すべき姿

レジ時間の短縮、売上増、お客様満足度向上、ファン獲得や人材不足解消による持続的な直売所運営、デジタルによる生産者と消費者の結びつき向上、生産者の在庫管理最適化・出荷効率化、新型コロナ対応、など

課題解決する上で、必要な条件等

  • 既存のPOS機能を継承、中小規模農産物直売所にマッチしたシステム、繁忙期・閑散期に応じた使 い分け(セルフ、セミセルフ、非セルフ)が可能。
  • ユニバーサル(キャッシュレス限定でなく、高齢者も使いやすいこと)

スタートアップ企業さま向け
エントリー

道内の自治体・事業者さま向け
エントリー

プライバシーポリシー
お読みいただき、
同意していただける場合には
下記エントリーよりご登録ください。

エントリーはこちら エントリーはこちら

エントリー締切:2022年9月9日(金)まで

エントリー締切:2022年9月9日(金)まで