THEME北海道の自治体・事業者が
抱えている地域課題
SOLUTION北海道の課題解決に貢献できる
スタートアップ企業のソリューション

2022.08.10

空き地・空き家・空き店舗の解消

京極町 公式サイト

背景・具体的な課題内容

京極町では、空き家を台帳整備し、その把握に努めています。令和元年度に実施した所有者への「空き家についての意向調査」においては、空き家を手放したいと考える所有者はいませんでした。
しかし、年数が経つにつれ家屋が劣化し、景観や近隣家屋への被害が心配されます。また、主に除雪などの家屋の維持管理も所有者にとっては簡単ではありません。
一方で、移住希望者からの問い合わせも多く、京極町の住宅ニーズは一定程度あると考えられます。近年では近隣の倶知安町やニセコ町の土地価格高騰により、住まいを京極町に求める人も少なくありません。京極町で空き店舗があれば創業したいという相談も年々増えています。
これらを踏まえて、空き地・空き家・空き店舗の所有者と、それらを活用したい第三者とのマッチングを図ることが課題解決のために必要であると考えています。

あるべき姿、目指すべき姿.

空き地・空き家・空き店舗の所有者と、移住希望者や創業希望者とのマッチングが円滑に実施される仕組みの構築

課題解決する上で、必要な条件等

  • 広く公開されている場で空き地・空き家・空き店舗の情報提供を行えること
  • 所有者が積極的に情報提供したいと感じられる仕組みであること
  • 移住希望者等が簡単に閲覧でき、所有者もしくは仲介する役場等に連絡を取りやすい環境にあること

スタートアップ企業さま向け
エントリー

道内の自治体・事業者さま向け
エントリー

プライバシーポリシー
お読みいただき、
同意していただける場合には
下記エントリーよりご登録ください。

エントリーはこちら エントリーはこちら

エントリー締切:2022年9月9日(金)まで

エントリー締切:2022年9月9日(金)まで